天皇、皇后両陛下 京都・平等院を訪問 (毎日新聞)

 天皇、皇后両陛下は27日、京都府宇治市の平等院を訪れた。宮内庁によると、天皇陛下が平等院を訪問したのは、学習院中等科1年だった1947年3月以来2度目という。

 両陛下は平等院の神居文彰(かみい・もんしょう)住職の説明を受けながら、国宝の本尊阿弥陀(あみだ)如来坐像(ざぞう)などを見学。また、国宝の梵鐘(ぼんしょう)など宝物類を保存・展示している博物館「鳳翔館(ほうしょうかん)」を視察した。

飲酒運転撲滅モニュメント建立へ=福岡市〔地域〕(時事通信)
<蘭越母子殺傷>被告が控訴 無期懲役判決に不服(毎日新聞)
自民・大島幹事長、舛添氏に参院選へ協力要請(読売新聞)
普天間移設 沖縄・うるまで反対集会(毎日新聞)
足利事件再審 警察庁刑事局長「厳粛に受け止める」(産経新聞)
[PR]
# by ndxy4idfd0 | 2010-04-01 06:18

秋篠宮さま、眞子さまラオスへご旅行(産経新聞)

 秋篠宮さまと長女の眞子さまは23日、ラオスご旅行のため、民間機でタイ・バンコクに向けて成田空港を出発された。お二方は同日ラオスのビエンチャンに移動、27日まで同国内に滞在して家禽(かきん)類の調査研究などを行われる予定。バンコク経由で28日に帰国される。

 秋篠宮さまは当初、17日からタイに滞在し、学術書の刊行記念式典や名誉博士号の授与式に出席する予定だったが、反政府デモなどの情勢を受け、いずれも取りやめられた。

【関連記事】
眞子さま、佳子さまご卒業
秋篠宮さまのタイご訪問、日程を変更
愛子さまご欠席、両陛下が「解決に十分配慮を」
「らしさ」大切にしたい 波多野院長に聞く皇族の“学習院離れ”
悠仁さま虫も観察、ご一家でミニSLに

江戸後期の土人形ざくざく、「工場」跡か(読売新聞)
<参院選>民主静岡県連方針を小沢氏拒否「2人擁立原則」と(毎日新聞)
インフル定点、8週連続で減少(医療介護CBニュース)
【集う】「ロシア初−現代日本絵画−日本の美展」記者会見(産経新聞)
あがらの言葉、後生に 和歌山県の方言、デジタル音源化(産経新聞)
[PR]
# by ndxy4idfd0 | 2010-03-30 03:22

<松野明美さん>熊本の市議増員選に出馬へ(毎日新聞)

 熊本市と旧植木町の合併に伴う市議増員選挙(定数2)=4月25日投開票=に、同町出身で元マラソンランナーの松野明美(本名・前田明美)さん(41)が立候補する意向であることが24日、分かった。近く記者会見して正式に表明する。

 松野さんの夫真治さん(42)によると、松野さんはダウン症の子を持つ親としても知られ、子育てやスポーツ分野で自身の経験を生かしたいと出馬を決意したという。また、旧町議ら町民からも立候補を望む声が上がり「町の人の声を議会に届けたい」という。

 松野さんは現役時代、熊本市の旧ニコニコドーに所属。ソウル五輪(88年)1万メートルで日本記録を更新したほか、バルセロナ五輪(92年)の女子マラソン日本代表候補だった。95年に引退後は講演やタレント活動をしている。01年に結婚し、2児の母で次男がダウン症であることを公表し、子育ての経験を書いた本を出版している。【和田大典】

【関連ニュース】
明日への伝言:昭和のあの日から 第7回全日本実業団対抗女子駅伝

アシアナ航空がオーバーラン=報告は2日後、国交省が注意−開業間もない茨城空港(時事通信)
風力発電の健康影響調査=低周波音で住民から苦情−環境省(時事通信)
警察への届け出事例も調査可能に−モデル事業WGが提言(医療介護CBニュース)
<雑記帳>早大野球部の創部110年祝し「記念醤油」 茨城(毎日新聞)
足利事件無罪、捜査幹部「使命果たせず無念」(読売新聞)
[PR]
# by ndxy4idfd0 | 2010-03-27 18:35

平安女学院のシダレザクラは「醍醐の花見」の子孫(産経新聞)

 平安女学院(京都市上京区)の「有栖館」内にある2本のシダレザクラが、豊臣秀吉が安土桃山時代に行った「醍醐の花見」で知られる世界遺産・醍醐寺(同市伏見区)のシダレザクラの子孫であることが24日、わかった。同学院の山岡景一郎理事長は「歴史的なサクラと縁があることがわかって非常に光栄」と話した。

 有栖館は京都御所内の旧有栖川宮邸から移築された日本家屋。平成20年に同学院が取得するまでは、京都地裁の所長宿舎として使われていた。敷地内のサクラは同寺のサクラを移植したもの−と記された元所長の手記をもとに「住友林業」の筑波研究所が昨年春から調査していた。

 同研究所は醍醐寺のサクラ22本などをサンプルとしてDNAを解析。有栖館の2本のサクラの塩基配列が同寺のサクラと極めて近いことから、子孫であると断定した。

 創建から千年以上の歴史をもつ醍醐寺はサクラの名所としてしられ、寺内のサクラは約千本。醍醐の花見は慶長3(1598)年に秀吉が諸公を招いて催した宴で、舞台となった醍醐寺には約1300人が参列したといわれている。

【関連記事】
【京のいろ】哲学の道 春をピンクに染めて
【ふるさと便り】水戸でもサクラ開花宣言
松山で秋山真之生誕142年祭
「桜の通り抜け」4月14〜20日に開催
お花見に最適「乗りトクきっぷ」 新京成電鉄
あれから、15年 地下鉄サリン事件

国民新党が敏いとう氏擁立(産経新聞)
龍馬の「婚約者」は美人、宇和島藩主のお墨付き(読売新聞)
広末涼子さんが追突事故=乗用車に、けがなし−東京(時事通信)
小林千代美議員「責任の取り方様々ある」(読売新聞)
百貨店→駅 高級店舗が続々シフト(産経新聞)
[PR]
# by ndxy4idfd0 | 2010-03-26 11:59

「円天」詐欺事件、L&G元会長に懲役18年 東京地裁判決(産経新聞)

 疑似通貨「円天」を使った健康寝具販売会社「エル・アンド・ジー」(L&G)の巨額詐欺事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)の罪に問われた同社元会長、波和(かず)二(つぎ)被告(76)の判決公判が18日、東京地裁で開かれた。山口裕之裁判長は求刑通り懲役18年を言い渡した。

 検察側は「波被告は経営方針や資金集めのシステムを自ら考案した。3万7千人から1285億円を集めた他に類を見ない空前の大規模詐欺で、自身も巨額の利得を得ていた」と指摘していた。

 弁護側は「事業は結果的に失敗しただけで、会員をだますつもりはなかった」と無罪を主張。波被告も「『円天』制度が世界各国で採用されれば詐欺でなかったと証明される」と潔白を訴えていた。

 起訴状によると、波被告は平成18年7月〜19年1月、収益がなかったのに「年36%の利息と元本保証を約束する」など虚偽の説明をし、31人から計約3億2700万円を詐取したとされる。

 事件をめぐっては、波被告のほか、元幹部21人が起訴され、1審東京地裁はいずれも波被告との共謀を認め、有罪判決を言い渡していた。うち15人が控訴した。

【関連記事】
悪質ファンド対応でチーム結成 警察と金融庁、証券取引監視委
波被告に懲役18年求刑 L&G「円天」巨額詐欺
円天&組長コンペの細川たかしは「派手なこと自粛」
L&G元幹部らに有罪判決 波元会長との共謀認める
L&G巨額詐欺事件 「だましてはいない」と否認 元会長の波被告

【from Editor】いざ! 地方政治へ(産経新聞)
遺体を取り違え 都監察医が解剖 警視庁誤搬送(産経新聞)
元外務次官、元毎日記者ら証言へ=「密約」で参考人質疑−衆院委(時事通信)
禁煙したい喫煙者、「増税を機に」が6割以上(医療介護CBニュース)
京大病院インスリン事件 看護師を殺人未遂容疑で再逮捕 京都府警(産経新聞)
[PR]
# by ndxy4idfd0 | 2010-03-24 06:52