<< 強姦未遂で起訴の警部、別の強制... 高校教諭が酒気帯び運転、工事の... >>

温暖化ガス、家庭で最大半減に=行程表素案を公表−環境省(時事通信)

 環境省は17日、政府が打ち出した温室効果ガス削減の目標達成に向けた行程表の素案を正式に公表した。2020年までに温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減するため、住宅の断熱化やエコカー普及など生活に身近な分野で地球温暖化対策を強化。家庭からの排出量を現状(05年)比で、最大半減させることなどを計画している。政府は3月末までに行程表をまとめる。
 素案は、20年時点での部門ごとの排出量について、家庭では90年比で最大31%減(05年比49%減)、オフィスなどで同21%減(同45%減)、運輸で同25%減(同37%減)、工場などの産業で同24%減(同20%減)とする。05年比で見ると、近年排出量が増えている家庭の削減率が最も大きい。 

自動車用電線でカルテルか=矢崎総業などに立ち入り−公取委(時事通信)
普天間県内移設反対で意見書=沖縄県議会24日可決へ(時事通信)
10年度報酬改定は「ビジョンなき政策」―全腎協・宮本会長(医療介護CBニュース)
橋下知事 大阪市長と激論 生活保護や府市統合構想など(毎日新聞)
高速増殖炉「もんじゅ」運転再開 実用化は順調でも2050年(J-CASTニュース)
[PR]
by ndxy4idfd0 | 2010-02-24 22:16
<< 強姦未遂で起訴の警部、別の強制... 高校教諭が酒気帯び運転、工事の... >>